ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2015年08月

ユナイテッド航空の日本国内の特典航空券の交換に必要なマイルは年ごとに目まぐるしく変わっています。

●【~2013年】日本国内線片道、移動距離に関わらず6000マイル必要。
 
●【2014年~2015年5月まで】日本国内線片道、移動距離に関わらず10000マイル必要。

●【2015年6月~】日本国内線片道、800マイル以下のフライトの場合5000マイル必要。800マイル以上のフライトで8000マイル必要となりました。

一見すると、日本の国内線の特典航空券に必要なマイルが減ってよかったね、なのですが、実は、もっと面白い特徴があります。

それは、
移動マイルの換算方法が、出発地と目的地の直行の飛行距離であること。

名古屋までの片道航空券を「羽田→福岡→名古屋」のルートで取った場合、移動距離は羽田→福岡(549マイル)+ 福岡→名古屋(374マイル)で923マイルと換算されるはずなのですが、、、

ユナイテッド航空の特典航空券の規定は、「出発地と目的地の直行の飛行距離」ですので「羽田→福岡→名古屋」のルートで取った場合でも、羽田→名古屋(175マイル)と換算されるため、片道5000マイルで、無料航空券と引き換えることができます。

 
このルールを適応すると、以下のルートも片道5000マイルで取れちゃいます。

■羽田→仙台
 ①羽田→名古屋→仙台
 ②羽田→伊丹→仙台
HNDSDJ

■羽田→札幌
 ①羽田→札幌(直行)
 ②羽田→名古屋→札幌
 ③羽田→中標津→札幌
HND-CTS

■羽田→新潟
 ①羽田→伊丹→新潟
 ②羽田→福岡→新潟
HNDKIJ


■羽田→小松
 ①羽田→小松(直行)
 ②羽田→福岡→小松
 ③羽田→札幌→小松
HNDKMQ
 
■羽田→青森
 ①羽田→札幌→青森
 ②羽田→伊丹→青森
 ③羽田→釧路→札幌→青森
 ④羽田→熊本→大阪→青森
 ⑤羽田→鹿児島→大阪→青森
 ⑥羽田→神戸→青森
 ⑦羽田→秋田→札幌→青森
 ⑧羽田→小松→札幌→青森
HNDAOJ


ANAが資本提携しているAIR DO、スターフライヤー、IBEX Airlines、ソラシドエアーの飛行機も取れちゃうので、様々なルートが取れちゃうのです。

極めつけの使い方は羽田→静岡の路線。
検索しただけでもこんなに出てきます。(検索日にちによって様々な路線組み合わせが出てきます)
HND-SHIZ

■なるべく多くの機種に乗りたい人
1区間 羽田→福岡 B787-8
2区間 福岡→沖縄 B767-300
3区間 沖縄→静岡 B737-800
機種

■なるべく多くの航空会社に乗りたい
1区間 羽田→福岡 スターフライヤー
2区間 福岡→沖縄 ANA
3区間 沖縄→静岡 ANA Wings
スタフラANA
 
■宿泊して沖縄での時間を作りたい(沖縄14時間40分滞在)
沖縄宿泊
 
■宿泊しないけど、沖縄で時間を長く作りたい(4時間30分滞在)
OKA4時間半滞在
 
■宿泊しないけど、飛行機に3回は乗って、かつ沖縄で時間つくりたい(3時間滞在)
宿泊なし3回沖縄
 
■福岡で1泊して、沖縄で約3時間滞在したい
FUK宿泊-OKA滞在


なぜ、静岡空港に着目したのか?

なぜなら、静岡からであれば高速バスで東京に戻ってこれ、かつ高速バス代もそんなに高くないからです。

2015年9月1日現在
15:40  静岡空港に到着(from 沖縄)
16:20  静岡空港発 (静鉄バス)  ¥1000
17:10  JR静岡駅着
18:00  JR静岡駅発(JR東海バス ライナー静岡20号) ¥2930
20:40  マークシティー渋谷着  


余裕で、夜早めに到着につくことができちゃうのです。

片道、多くて3回飛行機に乗るのですが、デルタ航空のニッポンマイルで、500マイル×3回=1500マイル貯まりますので申請はお忘れなく。

日本に就航している中東の航空会社は、エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空の3社。そのうち、3大アライアンスに加盟しているのは、カタール航空のみでワンワールドに加盟しています(脱退するとかしないとか報道がありましたが)

エミレーツ航空、エティハド航空はアライアンスに加盟せず、独自で航空会社と提携を汲んでいます。

エティハド航空は、2014年10月に自の航空連合として「Etihad Airways Partners」を立ち上げており、以下の航空会社と提携を組んでいます。
e partner

エアベルリンはワンワールド、アリタリア航空はスカイチームに加盟しているのですが、Etihad Airways Partnersにも加盟しています。

コードシェアで見ると、ANAや大韓航空、アメリカン航空などアライアンの枠を超えて30社以上と組んでいます。

で、本題。
 
複雑なアライアンスやコードシェアを組んでいるエティハド航空を利用する際、どの航空会社のステータスを持っていれば、どのラウンジが使えるのか?色々調べてみました。

■エティハドゲストゴールド以上保有者
【成田空港】
・ANAラウンジ
 
【アブダビ空港】
・Al Reem Lounge

【その他の空港】


■ANAスーパーフライヤーズ、ダイヤモンド、プラチナ保有者
【成田空港】
・ANAラウンジ

【アブダビ空港】
・Al Reem Lounge   ※ただしEY878便(アブダビ→成田)利用時に限る

【その他の空港】
・ラウンジは使えません

 ※ANA発券(チケットにANA便名記載)でなくても成田、アブダビ空港のラウンジは使えます。


■アリタリア、エアベルリンなどEtihad Airways Partnersの各航空会社のゴールドステータス以上
【成田空港】
・ラウンジは使えません
 
【アブダビ空港】
・Al Reem Lounge
 
【その他の空港】
・不明 

※以下は、確認済み。
・アリタリア航空のステータス保持者でエティハド航空利用時、空港にアリタリア航空のラウンジがある場合、アリタリア航空のラウンジに入ることが可能。


前にも”アブダビ空港のエティハド・ラウンジのハードルが高い”で書きましたが、アブダビ空港のエティハドラウンジは、ビジネスクラス or ファーストクラスを利用する人しか入ることができません。たとえ、エティハドのエリートステータスを持っていてもエコノミー利用であれば、エティハドラウンジには入れません。その代わり、ターミナル1にあるAl Reemラウンジの利用となりますので、ご注意ください。


“こんな際は、ラウンジは入れるのか?”など色々と疑問があるかと思いますが、正しい情報はコールセンターに確認を。出た人によっては即答が出来ない場合がありますが、調べて折り返し電話をしてきていただけます。

ここまで複雑なら、HPに、自分の持っているステータスを入れて、どこのラウンジに入れるのかわかるようなシステムを作ればよいのに、と思ってしまうのは僕だけでしょうか。
 

以前にも、格安航空券 エミレーツ?エティハド?カタール?どれにする?で書きましたが、エティハド航空は使い勝手の良い、旅行好きにはとてもうれしい航空会社なんです。

エティハド航空のHPを見ていたところ、東京⇔アブダビ⇔パリの航空券が64390円ででていました。ブッキングクラスは、アメリカン航空のマイレージ(AA Advantage)に100%加算される「U」。

念のために、トラベル子ちゃんで、同じ日程で同じルートで探してみたところ、同じ64390円で最安値の航空会社でした。

図1
 
この旅程で貯まるAA Advantageは往復で16604マイル。AA Advantage15000マイルで、JALの国内線(動距離650マイル以下)の往復航空券に無料で交換できます。

例えば、東京⇔鹿児島の往復航空券の値段を15000円×2=30000円と見積もった場合、実質、東京⇔アブダビ⇔パリの航空券は、64390円-30000円=34390円ということになります。

帰省などで、必ず年1回は飛行機に乗る人(ただし、JALが就航している都市&片道650マイル以下)にはお得なのです。


しかも、
AMEXのスカイトラベラープレミアカードを持っているようでしたら、エティハド航空のHPからの航空券購入で、100円につき5ポイント貯まるので、今回の航空券購入で64390/100×5=3220ポイント貯まります。

このポイントは、ブリティッシュ航空のマイル(AVIOS)に1000ポイント=1000マイルで交換が可能で、4500マイルで、JALの国内線・国際線(動距離650マイル以下)の片道航空券に無料で交換できます。

ポイントのマイル交換は1000ポイントごとなので、貯める必要があるポイントは5000ポイント。エティハド航空の航空券購入だけでは5000-3220=1780ポイント足りない計算です。

しかし、JAL、ANAなどの対象航空会社26社の航空券購入(航空会社各社のサイトから購入のときのみ)や、新幹線のチケットも日本旅行など対象旅行代理店2社を通して買うことで、100円につき5ポイント貯まります。

ので、何かしらの折りに、35600円分の航空券か新幹線をAMEXスカイトラベラープレミアカードで購入すれば1780ポイントが加算され、合算でめでたく5000ポイントためることができます。

35600円分の航空券や新幹線なら、いずれ出張や帰省で買いますよね。


ごちゃごちゃ書きましたが、
 

全航空会社のなかで最安値だったエティハド航空の東京⇔アブダビ⇔パリの航空券を64390円(ブッキングクラスU)で購入すると
 
☑JALの国内線(650マイル以下)の往復航空券に無料で交換出来ます。

かつ、AMEXスカイトラベラープレミアカードで支払いをすると
☑AMEXポイント 3220ポイントget!!

何かしらの折りに、35600円分の航空券か新幹線をAMEXスカイトラベラープレミアカードで購入すれば、上記3220ポイントとの合算で
 
☑JALの国内線(650マイル以下)の片道航空券に無料で交換出来ます。

航空券購入の際は、ご参考にしてみてください。

エバー航空の非常口席45HJKの席。

トイレに行く際に誰も使っていなかったので、写真を撮りました。
conv0078 (33)
 45Kの席は、非常ドアの下部に格納されている救命ボートのふくらみがあるので、若干足元は狭くなっていること、窓がないこと、機体のカタチのせいですぐ横の壁が圧迫感がることお忘れなく。 


台北桃園空港で3つのラウンジをまわりクタクタになりながら飛行機に搭乗。

乗る機材はB777-300ER。
conv0078 (30)
 
エバー航空のB777-300ER 3クラス構成となっているのですが、
■Royal Laurel・・・ビジネスクラス
■Elite Class・・・プレミアムエコノミークラス
■Economy・・・エコノミークラス 

日本⇔台湾のような近距離路線では、Elite Class(プレエコ)がエコノミー解放となっているのです。言い換えると、エコノミーのチケットで、プレミアムエコノミーに座れてしまうのです。

プレエコの解放があることを事前に情報をつかんでいたので、事前にエバー航空のHPでElite Class(プレエコ)の席を座席指定しました。

Elite Classを前方から見たところ。
conv0078 (21)
シートの幅、作りなどはJALのクラスJとそっくりな作りです。
シートが肉厚、横幅がある為、座り心地はよかったです。
conv0078 (25)
conv0078 (22)
conv0078 (23)
前方にはモニターがありますが、USBポートなどはありません。
conv0078 (26)
席と席との間には、電源があります。
conv0078 (27)
イヤフォンはエコノミーよりちょっと良いもの。
conv0078 (29)

機内食は当たり前ですが、エコノミーと同じものになります。味は可もなく不可もなく。
conv0078 (31)

飛行機は台北から鹿児島、高知沖を通り一路成田空港へ。
conv0078 (32)

到着前、モニターに下記のようなインディケーター入りの地図が表示されていました。これは飛行機好きにはたまらないですね。
conv0078 (35)

台北桃園空港の滑走路、2本のうち1本が現在改修中のため、離発着大渋滞にまきこまれ、空港を離陸したのは定刻の1時間後。成田に到着したのは定刻より40分遅れてとなりました。

この時期に台北に行かれる方は、多少の遅れが発生することを想定された方がよいかもです。


 

このページのトップヘ