ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2015年11月

S.E.A Sala Pergolesiに続き、S.E.A Sala Montaleのレポートです。


場所は、ゲートB50番台方面に向かう途中にあります。conv0001

入口はこんな感じ。
conv0002

ラウンジ内はこんな配置です。
conv0003

広いのは広いのですが、このラウンジ、大韓航空やキャセイパシフィック航空などなど、10社以上の共有ラウンジとなっていて、訪れた22時頃は人でごった返していて、開いている席が少なく窮屈感がありました。
(写真は大韓航空の便が出て人が少なくなった時に撮影)
conv0014
conv0012
conv0004


パソコンルームもありました。
conv0013

飲み物はこんな感じ。結構そろっています。
conv0015
conv0016
conv0011
conv0009


ミールはコールドミールしかありません。味は、、、な感じ。お腹を満たすにはちと厳しい内容と味です。
conv0005
conv0006
conv0017
conv0008

シャワーはありましたが、S.E.A Sala Pergolesiと同様、有料で10ユーロ(だったかな?)いるとのこと。

 

ミラノマルペンサ空港ターミナルBにある2つのラウンジに潜入してきました。

☑S.E.A Sala Pergolesi
☑S.E.A Sala Montale

 
まずは、 S.E.A Sala Pergolesiから。

場所は、ゲートB01-B23のあるサテライトにあるS.E.A Sala Pergolesi。

(出展:TravelWidget)
MXP

サテライトの中央にラウンジに上がるエスカレーターがあります。(B01-05の看板の下に見えるエスカレーターから上ります)
conv0001

カウンターでチケット見せると、あなたの乗る飛行機は別のサテライトにあるラウンジの方が近いよ、と言われたのですが、見てみたかったのでこちらに来たことを伝えると、快く入れてくれました。

中はそこそこ広く、21時30分頃訪れたのですが人は少なくとても静かでした。
conv0002

飲み物はイタリアのビールからソフトドリンク、ワイン、スパークリングワインなど一通りそろっています。
conv0004
conv0007

食事はホットミールはなくサンドイッチ系がメインですが、果物やチーズ、クッキーなどそこそこそろっています。
conv0003
conv0005
conv0006

シャワーはありましたが、有料で10ユーロ(だったかな?)いるとのこと。シャワーで1400円払うのはちょっと。。。ということで浴びずに出ました。

 

カタール航空QR127便 ドーハ→ミラノはA330-300でした。

 シートのコンフィギレーションはここをご確認ください。

まずは非常口席。フットレストがついています。
conv0004

通常の席はこんな感じ。
conv0002

今時珍しく、タッチパネルでもなく、USBポートも電源もついていません。
conv0003

この飛行機に乗る際に、気を付けたいことが2つ。

1つ目は、窓側、通路側席足元に配置されている、(エンターテイメントシステムだろと思われる)大きな箱。こいつが、とにかく邪魔。足が十分に伸ばせないのです。非常口席以外にはすべての窓側席、通路席に配置されています。

窓側の席。
conv0008
通路側の席。
conv0005

2つ目めが、後方43列DEFの席。ここの3席、アームレストが動かず万が一その列誰も使っていなかったとしても、アームレストを上げて簡易ベット(通称エコフラット)にすることができません。

向かって左の列が43列。右が44列。
conv0006

 お気を付けください。

さて、なんだかぁ~のラウンジを後にして、QR119便ミラノ行きに乗り込みます。

出発時間は8:25。
ちょっと早めに出ようか~、と思い7:35にラウンジを出発。その時、たまたま目にした出発便案内モニターには、QR119便「Final Call」の文字が。

まだ、50分もあるのに????
焦りました、焦りました。乗り場は「E」空港の端の端です。ラウンジを出る際Eまでは、「歩いて10分くらいよ」と言っていたのですが、嘘です。走って、それも猛ダッシュで10分です。

到着したら、やっとこさ優先搭乗が始まったタイミングでした。なにがFinal Callだよ。せっかくラウンジでシャワーを浴びたのに、汗びっしょりになりました。

沖留めの為、バスで移動。
機材はA330-300。
 conv0001

オンタイムで出発し、一路ミラノを目指します。フライト時間は6時間35分。
conv0009
conv0011

出発後、1時間後機内食が出てきました。
conv0010

まー、まずまずのお味でした。

1月にアリタリア航空でアブダビヤ→ローマを飛んだのですが、その時のフライトタイムは6時間40分。1回目の機内食のあと、到着前に軽食(サンドイッチとクッキー)が出たのですが、カタール航空では軽食は出てきませんでした。

10分程度遅れてミラノ・マルペンサ空港に到着しました。

 

がっかりなファーストクラスラウンジを後にし、全く期待せずに隣のビジネスクラスラウンジに潜入しました。

conv0010

おおおおおおっ、広いぞ。
conv0009
conv0008
conv0007
conv0006
ファーストクラスラウンジの3倍は広いかと。

そして何が驚いったって、食事の内容が、しょぼいのはしょぼいのですが、ファーストクラスラウンジよりも種類が圧倒的に多いのです。
conv0001
conv0002
conv0004
conv0003
conv0005
こんなことってあり得ます????

ビジネスクラスラウンジ>ファーストクラスラウンジ。
びっくりですよ、びっくり。

シャワールームももしかして?と思い、のぞかせてもらいました。
conv0002
conv0001
広さもなにもかも、ファーストクラスラウンジと一緒でした。

んーー、相当なことがない限り、もうカタール航空は使わないかも。。。



 

このページのトップヘ