ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2016年10月

バンコク・スワンナプーム空港のプライオリティーパスで入れるラウンジの中に、「オマーン航空ラウンジ(OMAN AIR FIRST & BUSINESS CLASS LOUNGE)」がいつしか追加されていました。

16年7月、昼に訪問したのでレポートします。(早朝潜入のレポートはこちら

場所は、Eエリアにあります。 (詳細は以下写真を参照)
IMG_6020
 
ここのラウンジの変わった特徴は「7歳以下の子供は、大人1人につき無料で入れる」 ことです。子供連れの家族の方にはもってこいのラウンジです。

入り口はこんな感じ。
IMG_5611

中はとても雰囲気が良く、人も少ないため、居心地が最高です。
IMG_5612
IMG_5678

また、食事や飲み物もとても充実。
IMG_5668
IMG_5667

図1

中東っぽい料理がメインかと思いきや、タイ料理がメイン。淡水魚(ナマズ?)のスープカレーが、世界中で食べたカレーの中で最も美味しく、3杯もおかわりをしてしまうほど。
図2

デーツやフルーツ、カップケーキやオリーブなどもそろっています。
図3

シャワールームも完備しています。シャワールームのレポートは早朝訪問編をご覧ください。

16年7月、中国東方航空の上海浦東→バンコク・スワンナプーム線を利用した時のレポートです。

中国東方航空A320-200のシートに関してはこちら

使用したのはMU541便。上海浦東空港を12:25に出発して、バンコク・スワンナプーム空港に15:50に到着する便です。

ゲートからはバスで沖停めまで移動。
IMG_5521

中国の航空会社は遅延で有名ですが、驚くほどスムーズにボーディングが始まり、定刻にプッシュバックしました。

離陸40分後、機内食がサーブされます。「チキン」か「パスタ」からのチョイス。前で食べている人のをのぞき見したら、パスタは麺がのびのびのミートソースだったので、迷わず「チキン」を選択。

しかし、味は残念でした。一番おいしかったのは、写真左下に見えるパウチに入っている「たくあん」。とても。おいしゅうございました。
IMG_5537

飛行機は定刻より5分速く着陸。
ゲートインしたのはオンタイムの15:50。沖停めではなく、ターミナルにスポットインしました。




 

このページのトップヘ