ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2017年03月

16年4月、エティハド航空 クアラルンプール→アブダビ線のビジネスクラスを利用。ビジネスクラス、ファーストクラス利用者は、利用便出発24時間前までに予約をすれば、空港⇔ホテルなどの送迎サービスが無料で受けることができます。
キャプチャ
詳細はこちらをご確認ください→エティハド航空HP(https://www.etihad.com/ja-jp/plan-and-book/book-chauffeur/)

アメリカン航空のマイルを使った特典航空券ではあったのですが、問題なく利用できました。

手荷物ピックアップし、入国後、Exitの案内板に従い進んでいると、写真のような案内板を見つけることができます。
s-IMG_1812
Etihado ChaufferurカウンターでもOKですし、アライバルラウンジの中でもショーファーサービスを申し出ることもできます。

僕は、アライバルラウンジの中で申し出たのですが、ショーファーサービスの予約が入っていることを確認されると、「外に出ろ」と。言われるがままに外に出て、、、、
s-IMG_1835
s-IMG_1833
きょろきょろしていると、黒塗りの車とその前にタブレットを持った人が立っていました。おそらくこの人だろうと思い、声をかけると「Whay is your name?」と。

名前を答えると、タブレットを確認し、事前に伝えてあったホテル名を確認され、目の前に止まっていたクルマ(ワーゲン)に乗るように促されます。
s-IMG_1834
ホテル名は、係の人が運転手に伝えてくれます。

クルマは110km/hでドバイにあるホテルに。
s-IMG_1837
ブルジュ・ハリファ
キャプチャ

40分でドバイにあるホテルに到着しました。

到着時、チップを渡す用意をしていたのですが、トランクから荷物を取り出したら、無言で運転席に行き走り去ってしまいました。チップはどうやらいらなかったようです。


 

16年4月、エティハド航空 クアラルンプール→アブダビ線のビジネスクラスを利用。ビジネスクラス、ファーストクラス利用者は、アライバルラウンジを利用できます。(エティハドのビジネス、ファーストクラス利用者のみ利用可能です。エティハド航空のエリートステータス持ちの方でも、エコノミー利用だと使えません)

場所なのですが、地図等がなく詳しくは説明できないのですが、入稿審査が終わり、手荷物ピックアップして、Exitの案内板に従って進んでいると、必ず見つけることができる場所にあります。
s-IMG_1813
中はこんな感じ。狭いです。
s-IMG_1814
s-IMG_1815
s-IMG_1816
ミールはこんな感じ。
s-IMG_1818
s-IMG_1819
s-IMG_1820
続いてドリンク。
s-IMG_1823
シャワールームも使ってみました。
中は広くはないのですが、とても清潔で、アメニティーも各種そろっていました。
s-IMG_1824
s-IMG_1825
s-IMG_1826
s-IMG_1828
s-IMG_1829
s-IMG_1830
s-IMG_1831
こちらのラウンジの特徴は、”髭剃り”サービスがあること。試してみたかったのですが、そろそろ24時(日本時間5:00am)という時間だったので、眠たさに勝てず、ホテルに向かうことにしました。
s-IMG_1832


ちょっと前になりますが、16年4月、改訂前のアメリカン航空のマイル60,000マイルを使い、成田→クアラルンプール→アブダビ/ ドバイ→ドーハ→バンコク→羽田のビジネスクラスのフライトを楽しんできました。

2レグ目:エティハド航空 A330-200 クアラルンプール→アブダビ線。
(1レグ目:JAL B767-300 成田→クアラルンプール線はこちら

シートに関してのレポートはこちらをご覧ください。

利用したのは、EY411便。
クアラルンプールを19:40に出発して、23:00にアブダビに到着の7時間40分フライトです。
s-IMG_1803

搭乗直後ウェルカムドリンクがサーブ。シャンパンを選んだのですが、全く冷やされておらず。斜め前に座っていた欧米の方はCAさんに「冷えたの頂戴」とオーダーしていました。
s-IMG_1721

ヘッドホンはノイズキャンセリング。
s-IMG_1728
アメニティーは「LUXE City Guides」とコラボレーションしたアメニティ。
s-IMG_1848

ミール。はじめは、有名な温かいナッツから。これが、本当においしいんです。
s-IMG_1770
続いて、アパタイザー。結論から言うと、この写真の左上のパンと、ひよこ豆からできた中東料理フムスが、メイン料理を含めて一番おいしかったです。
s-IMG_1772
メインディッシュ。ラム肉を選択したのですが、、、味が、、、、
s-IMG_1776
デザートはレモンタルトとカプチーノをいただきました。
s-IMG_1781
あまりご飯が美味しくなく、機内食を残してしまったので、到着前、小腹が減り、チーズの盛り合わせとパニーニをオーダー。これはまともに食べることができました。
s-IMG_1782
s-IMG_1786
到着前、ファストトラックチケットが配られました。
s-IMG_1788
 
エティハドのビジネスクス、感想はムムム。頼んだワインは忘れて持ってこないは、オーダーしたのと間違ったワインは持ってくるは、ぶっきらぼうだし、、、んーーーーー正直がっかりしました。 

(参考)ドリンクメニュー
図9

 

16年4月、クアラルンプール→アブダビ線で、エティハド航空のA330-200のビジネスクラスを利用しました。
s-IMG_1700
シート配列はこんな感じ。(出展:SeatGuru)
キャプチャ
■K列の席
個室間があります。
s-IMG_1796

 ■H列の席
通路に面しているので、個室間は0です。
 s-IMG_1706
■E、F席
s-IMG_1705

ベットにするとこんな感じ。
図7

シート周り。(H席)

テーブルはテレビ横。
s-IMG_1714
USB、電源あり。
s-IMG_1711
映像ケーブルもあり。
 s-IMG_1717
コントローラー
s-IMG_1719
トレイ
図8
 
特徴的なのは、真ん中席(E,F,D,G席)上部おオーバーヘッドビン(上部にある収納スペース)がないこと。故、圧迫感がないのですが、キャリーバッグなどを持っている人はCAさんに預けないといけません。
s-IMG_1734
 
ご参考になれば。 

16年4月、クアラルンプール空港サテライトターミナルにある、PLAZA PREMIUM LOUNGE(プラザプレミアムラウンジ)に潜入してきました。

ラウンジのミール等はこちらをご覧ください。

今回のレポートはシャワールームです。
僕が確認できた限りでは、4ブースありました。

シャワールームエリアに1人の従業員がいて、シャワーを浴びたい旨伝えると、開いているところを教えてくれます。
IMG_1672
逆サイドから。
s-IMG_1676
シャワーヘッドは固定式です。東南アジアにありがちなお湯が出ないパターンかと思ったのですが、きちんとお湯が出ました。
s-IMG_1674
アメニティー。東南アジアらしい独特なにおいがします。
s-IMG_1673
ドライヤーも完備です。
s-IMG_1677
歯ブラシ、かみそり、櫛などもきちんとありました。
s-IMG_1678

決してきれいではないですが、満足のいくシャワールームでした。
 

このページのトップヘ