ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2017年09月

17年9月11日現在、PLAZA PREMIUM LOUNGE@クアラルンプール空港のシャワールームが、ポンプの故障が原因で使えない状況にあります。

16年4月に訪れた、PLAZA PREMIUM LOUNGE@クアラルンプール空港のシャワールームのレポートはこちら

受付で「シャワールームが故障していますが、ご了承ください」と案内されます。故障って何だろうとお思って、シャワールームの前をうろうろしていると、責任者っぽい背の低いおばちゃんが「シャワー浴びたいの?ポンプが壊れて使えないの。代わりに、Wellness SPAで無料でシャワー使えるよ」と。

場所はEast Zoneの端。
図1

入口はこんな感じ。
IMG_7459

受付で、「PLAZA PREMIUM LOUNGEでシャワー使いたいと言ったら、ここ案内された」というと、シャワールームに案内してくれます。

中は、PLAZA PREMIUM LOUNGEのシャワールームよりも格段に綺麗で広いです。
IMG_7444
IMG_7446
IMG_7448
IMG_7449
シャンプーとボディーコンディショナーは備え付けのものです。
IMG_7450
アメニティーは歯ブラシと髭剃りとシャワーキャップ。
IMG_7451
ドライヤーもついています。
IMG_7452

部屋からは駐機場がよくみえます。
IMG_8391

ご参考になれば。




表題の通りです。

17年9月11日現在、クラアラルンプール空港メインターミナルにある、マレーシア航空ゴールデンラウンジ・リージョナルはいまだ改装中です。

インフォメーションセンターの人に聞くと
■本当は8月中旬には改装は終了するはずだった。
■9月に入ってもまだ改装中
■いつ終了するかはわからない

とのことでした。

改装されたリージョナルラウンジを楽しみにしていたのですが、、、残念です。


IMG_8362
IMG_8363

17年5月、羽田⇔広州⇔シェムリアップ路線で中国南方航空を利用しました。

コールセンターの方とやり取りをして、座席指定について分かったことを書きます。

<エコノミー座席指定料導入について>

中国南方航空は2016年11月から、エコノミーの前方席の座席指定について座席指定料を導入しました。そして、2017年3月末から座席指定料を値上げしました。
ちなみに、羽田→広州区間、B737-700の前方席の座席指定は500円(日本円)。コールセンターでのみ対応とのこと。支払いはクレジットカードは取扱無し。銀行振り込みのみでした。

銀行振り込みが確認後、このようなレシートをメールで送ってきてくれます。
座席指定
<座席指定料がかかるのは非常口と前方席のみ>
座席指定料がかかるのは非常口と前方席のみなのですが、前方席は各機種により定められているようです。僕はB737-700に乗ったのですが、「35列~-44列ABCHJK」の席が前方席に当たるとのことでした。

<後方席の指定>
航空券はHIS系のSurpriceで予約したのですが、Surpriceのシステムから後方の座席指定は無料でできました。調べてみると、4月20日から前方後方関わらず、エコノミーの座席指定にお金がかかるようになったとの記事を見たのですが、お金はかかりませんでした。(航空券を予約したのは4月22日)

<非常口席の予約について>
非常口の予約もお金を払えばできるとのことでしたが、中国語ができる人のみ指定可能とのことでした。英語ではだめとのことです。


中国南方航空の日本語HPはダメダメで、知りたい情報が記載されていなかったりしますので、コールセンターに電話するのが良いかと思います。コールセンターも何度か電話しましたが、長く待たされることもなく、電話対応も日本人が行っており、丁寧に対応してくれます。


17年3月、中国ハルビンに行ってきました。空港⇔市内のアクセスについてのレポートです。

国際線ターミナルにいた英語が話せる中国人の方に尋ねてみたのですが、市内へのリムジンバスは国内線ターミナルからしか出ていないとのこと。市内にバスで行く場合は、一度無料巡回バスにて国内線ターミナルに移動する必要があるようです。

国際線ターミナルから国内線ターミナルの移動についてはこちらをご確認ください。

国際線ターミナルからの無料巡回バスは、国内線ターミナル5番出口の近くに止まります。
s-IMG_3892

■空港→市内への移動
写真に写っている3番出口をさらに左手に行くと1番出口があります。そこに大きく「Shuttle Bus Ticket Office」と書いてある看板が見えてきます。バスチケット発券所は建物の中にあります。
s-IMG_3867
発券所。
s-IMG_3871
ここで行きたい場所を伝えます。中国がしゃべれなくても、紙に行きたい場所を書いて渡すと、何番のバスに乗れ、と英語で教えてくれます。バスは市内まで20元。

外にバス乗り場があります。
s-IMG_3869
s-IMG_3865
バスのトランクに荷物を預けるときは、このチェーンをトランクの取っ手などに通し鍵をかけます。
s-IMG_3864
社内は中国語のみのアナウンスの為、あらかじめバスの運転手に降りる場所を伝えておくことと、降りる場所を紙に書いて置き、バスが止まる度に、近くに座っている人に紙をみせて「ここか?」とジェスチャーで聞いてみるのが確実です。

■市内→空港への移動

バス停は、大体おりた場所の通り挟んだ対面にあるようです。 バス停にはこんな看板が立っています。
IMG_3601
空港へのバス。
IMG_3599
何分おきにあるのかは、まったくわからず。。。時刻表があるのかどうかもわからず。。。余裕をもって移動をすることをお勧めします。

とあるバス停にとまったときに、外で待っていたバス従業員が乗り込んできて、バスチケットを発券します。
IMG_3859

到着は、国内線ターミナルの5番出口付近。(バス乗り場とほぼ同じ場所)
s-IMG_3865

ご参考になれば。

17年3月、中国のハルビン太平国際空港を使いました。
あまり情報がないので、共有します。

国際線ターミナルの情報はこちら

≪国内線ターミナル≫
国際線ターミナルと比べて、ずいぶん大きなターミナルで近代的です。
s-IMG_3881

s-IMG_3594
ちょっと見にくいですが、ターミナルはこんな感じです。
s-IMG_3873

■到着ロビー
s-IMG_3874
s-IMG_3876
結構な便数の離発着があるようです。
s-IMG_3875

■出発ロビー

s-IMG_3888
s-IMG_3886

ATMは出発ロビーの出入り口扉付近にありました。
s-IMG_3885

中国の空港、特に国内線ターミナルの場合、到着ロビーにはATMはなく、出発ロビーにATMが設置されている場合が多いです。到着ロビーに見つからない場合は、ぜひ出発ロビーを探してみてください。



このページのトップヘ