ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

2017年11月

日本人がカンボジアに入国する際にはVISAが必要になります。
VISAの取得には、
①カンボジア大使館で事前にVISA取得
②e-VISAで取得
③カンボジアの到着空港でアライバルVISAを取得
等々があります。

詳細はカンボジア大使館のHPを確認ください。

僕は、⓷のアライバルビザを取得で入国しました。今回はアライバルビザ取得の流れを共有します。

飛行機がシェムリアップ空港に到着し、降機後、徒歩でターミナルに移動します。
s-IMG_4374
s-IMG_4371
s-IMG_4376
ターミナルに入ったところ。
s-IMG_4378
右手がアライバルビザを取得するエリア。左手が入国審査になります。

アライバルビザ取得のために右に進み、記入台においてある申請書に必要事項を記入をし、
①申請書
②証明写真
③手数料30USD
の3点を持って、提出します。

僕の場合は、写真はパスポートと異なる写真。申請用紙には写真4cm×6cmと書いてあったものの免許証サイズの小さいものを持参したのですが、まったく問題なくVISA発行されました。

書類提出のために並んでいることろ。
s-IMG_4379

VISA発行を待っているところ。
s-IMG_4380

中国人団体客は、ツアコン1名がが40名分くらいをまとめて申請。そのツアコンが4、5名いるもんだからVISA発行台には、ものすごい数のパスポートがひどい状態で置かれています。

もっと酷いのは、VISA発行する人の人の少なさとやる気のなさ。ものすごい数のパスポートが目の前にあるのに、スマホいじっったり、おしゃべりしたり。。。

でも、個人客のものは団体客よりも優先して発行してくれるという謎の気遣いもあったり。

何やかんやで15分くらい待って無事VISA発行に至りました。



17年5月、広州シェムリアップ線で、中国南方航空のA321-200に搭乗しました。

 s-IMG_4313

シートの詳細はこちらをご確認ください。


搭乗したのはCZ3063便。広州を16:55に出発して、シェムリアップに18:35に到着する2時間40分のフライトです。

 

搭乗開始したのは1640。離陸したのは1705

s-IMG_4335
s-IMG_4336

離陸後40分くらいで機内食が出てきます。チキンorフィッシュの2種の中からフィッシュを選択。おかずとご飯の比率がおかしいですが、結構おいしく食べれました。
s-IMG_4341

 

機内食のあと、カンボジアへの入国書類が配られます。機内ではアライバルビザの書類は配られません。

s-IMG_4344

うとうとしていると着陸態勢に。

左手に、人工島のニャック・ポアンや、アンコール・トム、シェムリアップ空港をみながら
s-IMG_4354
s-IMG_4355
s-IMG_4356

 

最後に大きく旋回し1855に着陸。
沖停めで、歩いてターミナルに入りました。
s-IMG_4368

 s-IMG_4374
s-IMG_4371
s-IMG_4375

 s-IMG_4376

 

 

 

7年5月、中国南方航空 広州→シェムリアップ(カンボジア)線に搭乗しました。

 

機材はA321-200。席についてレポートします。

s-IMG_4308

小さい飛行機ながらも、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3クラス制です。座席指定についてはこちらをご覧ください。

 

シート配置はSeatGuruをご参照ください。

 

ビジネスクラス

よくあるアジア近距離線機材のビジネスシートです。フルフラットには程遠いですが、23時間程度なら問題ないレベル。
s-IMG_4314
s-IMG_4315

 

プレミアムエコノミーシート

31列目シート(プレエコのバルクヘッド)
SeatGuruには表記されていませんが、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーの間に敷居があります。

 IMG_4316

その後ろのシート

 IMG_4317
s-IMG_5155

エコノミーシート

バルクヘッドシート
足元が広くなく、これなら前の席の下に足を入れることのできる普通シートの方が良いかも。

 s-IMG_5156
s-IMG_4319

 

非常口
安定の非常口。広いです。でも中国語を話せる人しか指定できない、とのこと。

 s-IMG_4322

 

通常エコノミー

LCC並みに狭いです。エンターテイメントのモニターもなくUSBアウトレットもなく。
s-IMG_5171
s-IMG_4329
s-IMG_4330

真ん中の席には、BOXがあり足元が若干狭くなっていますので注意が必要です。
s-IMG_4325

ご参考になれば。

このページのトップヘ