「200か国SIMカード1枚でインターネットに接続できる」が売りのslimduet、今年の4月に期間限定で980円ということで購入しました。
pics1

simduetの公式サイトはこちら
https://www.slimduet.net/

これまで
■台湾・高雄
■香港
■オーストラリア・シドニー
■ニュージーランド・アークランド
■日本
の5か国で使用し、いい点・悪い点が見えてきたのでレポートします。

---------------------------------------------------
<良い点>
・行く先々のSIMを購入する必要がないので楽。
・1日200MBプランがあり、価格が$1.51ドルと格安。
(HISが7月から「変なSIM」という、slimduetに似た商品を出しますが1日200MBプランは500円という価格設定)
・速度はストレスを感じない程度にそこそこ早い。

<悪い点>
・なかなか現地で電波をつかまない。
・専用アプリが使いにくい&機能しない
・説明書が丁寧でない
---------------------------------------------------

悪い点を中心に書きます。

料金プランをアプリ経由で購入し、説明書通りにスマホを設定。現地で、データ通信&ローミングをオンするも、、、電波をキャッチしない。機内モードをon/off繰り返してみたり、再起動してみたり、APNを打ち直したりしてもまったく現地の電波をキャッチしない。

これまで、mineoの海外用プリペイドsimや、タイの通信会社のSIM-2-FLYを使ったことがあり、飛行機を降りて設定すればすぐに現地の電波をキャッチしデータ通信ができるようになっていたので、それをイメージしていたのですが、、、

この現地の電波をキャッチしない問題、日本、シドニー、オークランドで発生しました。(台湾、香港ではすんなりキャッチしました)


結果から言うと、最終的にはつながったのですが、キャッチするのにはそれなりのコツが必要であることがわかりました。

これまで試して、つながった方法2つをシェアします。


方法①通信事業者を自分で選択する
通常、SIMをさすと、自動的にプロバイダーを見つけ出し接続してくれます。ただ、このSIMの場合、それがうまく機能していないようです。ですので、つながらない場合、公式HPのこちらのページに記載されている【Network service provider】から滞在国のプロバイダーを選択してつながるかどうか試す方法です。

アンドロイドの場合
【設定】→【その他】→【モバイルネットワーク】→【通信事業者】
で電波を見つけ出し、該当プロバイダーを選択


方法②現地でSIMの設定をしなおす
もし日本でSIMをさし、APN設定まで行って、電源を切って出国した場合の話になります。以下の順番がとても大事であることが、わかってきました。

現地で
Step1:データ通信をoff
Step2:ローミングをoff
Step3:登録してあるAPNを全て削除
Step4:スマホを再起動
Step5:APNをセッティングしなおす
Step6:データ通信をon
Step7:スマホを再起動
Step8:ローミングをon
Step9:スマホを再起動
Step10:電波をつかむ"はず"


ぜひ、現地でうんともすんとも接続が出来ない場合に備えて、上記の手順スクショでもしておいていただければと。

ちなみに、シドニー&オークランドに行った際は「Oceania Data Pack 5days」プランを購入しました。5日間でシドニー→オークランド→シドニーと移動したのですが、問題なく?上記の手順で各地でネット接続できました。

ご参考になればと。