先日、出張で京都に。

新幹線で行けば、乗り継ぎなしで2時間でつくのに、、、
ファーストクラスアップグレード・クーポンを持っており無駄にしたくない、
との思いで、倍の時間をかけて伊丹経由で京都入りすることにしました。
(昨年、タイミングが合わず2枚ファーストクラスアップグレードクーポンを
使わずに期限切れを迎えたもので)

昨年冬に初めて、ファーストクラスに乗った際、いつもの癖で、コートを
上の棚に突っ込んだところ、慌ててCAさんが飛んできて、「お預かりします」と。
周りの真摯なおじ様たちは、当たり前の様にコートや上着をCAさんに渡
しており、、、

「初めてファーストクラス乗りました!!右も左もわかりません」と
大きな声で言っているのと同じようなもので、、、、
今回は、スマートな”フリ”を心がけました。

今回、乗ったのはB777-200のファーストクラス。
DSC_0003DSC_0005
座り心地も、席の間隔も申し分なし。
前のシートポケットには、スリッパとスマホ等に充電できるモバイルバッテリー
が常備されています。

座ると、まず搭乗のご挨拶がCAさんからあり、食事の際の飲み物のリクエストを
聞かれました。
DSC_0007
森伊蔵も飲みたいし、シャンパンも飲みたい。でも両方頼むのは、なんか恥ずかしい。。。
しばらく心の中で葛藤をし、シャンパンを頼みました。

離陸、そしてベルトサインが消えた後、クラスJとの間のカーテンが閉められ、
食事がサーブされました。
DSC_0010
DSC_0011
DSC_0006

美味しいんですよ、これがまた。
たかだか機内食でしょ?と思われるかもしれないのですが、美味しいんです。
何がおいしいって、「白米」がおいしいんです。
飛行機の中でこんなにおいしいお米が食べれるのは、JALだけでしょうね。

あっという間にシャンパンを飲み干し、グラスをテーブルを置いたところに
さっとCAさんが近寄ってきて「他にお飲物いかがですか?」と。

さすがJAL!! 
高いお酒ガンガン飲みたいけど、周りの紳士なおじさま方の空気に圧倒されて
スマートなフリをし、追加でお酒を頼みたいけど頼めない、貧乏人の心をわかってくださってる!!

すかさず、森伊蔵のロックを頼みました。

美味しい食事に、シャンパンに、森伊蔵、最高でした。
飛行機降りた時は、結構いい感じに酔っ払い、京都までのバスの中では
爆睡してました。