16年11月、北京→フフホト線、海南航空のB787-9に搭乗。シートをレポートします。
IMG_0064

この海南航空、日本ではあまり知られていない航空会社ですが、 中国で唯一スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定をされていて、国内線はもとより、ベルリン、ボストン、ブリュッセル、ラスベガス、シカゴなど欧米にも直行便を飛ばしているグローバルエアラインです。
中国で初めてB787-8、B787-9の両方を運航する中国初の航空会社でもあります。

で、16年6月からB787-9を受領しており、受領後は中国国内の短距離線で完熟飛行を行っているようで、北京⇔フフホト256マイル(80分フライト)で行っているとのことでした。17年1月現在、完熟飛行後はラスベガス線に投入されるようです。

■ビジネスクラス
流石最新機材。フルフラットになり、十分な広さがあります。
IMG_0547
IMG_0548

■エコノミー普通席
各座席にエンターテイメントシステムは完備。
IMG_0147
足元の広さもまあ許せる広さ。
IMG_0151
IMG_0091
足元にエンターテイメントシステムBoxはなく広々と使えます。
IMG_0098

USBポートも完備。
IMG_0087

B787-9ではWifiも使えるようなのですが、スマホなどのモバイル機器は機内モードではなく電源をoffにしないといけなく、またモバイルからWifiに接続は出来ないように設定されていました。
IMG_0092
機内Wifiではネット検閲の「金盾」が機能するのかどうか試してみたかったのですが、、、スマホしか持っておらず、、、、残念です。