17年3月、台湾桃園国際空港第1ターミナルにあるチャイナエアラインのラウンジに潜入してきました。今回はシャワールームのレポートです。
※ラウンジのレポートはこちらをご覧ください。

中は黒を基調としたデザイン。水圧や温度は全く問題ないのですが、中の広さやアメニティーはラウンジ2のシャワールームの方が上。
s-IMG_3151
s-GOPR0261

シャワーやシャンプーは安いプラに入った詰め替え式。第2ターミナルのラウンジにあったイタリアブランドのACCA KAPPAはありませんでした。

s-IMG_3153
s-GOPR0260
s-IMG_3154

折角なら、こっちのラウンジにもACCA KAPPAのアメニティーなど置けばいいのに、と思ってしまうのは僕だけでしょうか。