17年5月、羽田⇔広州⇔シェムリアップ路線で中国南方航空を利用しました。

コールセンターの方とやり取りをして、座席指定について分かったことを書きます。

<エコノミー座席指定料導入について>

中国南方航空は2016年11月から、エコノミーの前方席の座席指定について座席指定料を導入しました。そして、2017年3月末から座席指定料を値上げしました。
ちなみに、羽田→広州区間、B737-700の前方席の座席指定は500円(日本円)。コールセンターでのみ対応とのこと。支払いはクレジットカードは取扱無し。銀行振り込みのみでした。

銀行振り込みが確認後、このようなレシートをメールで送ってきてくれます。
座席指定
<座席指定料がかかるのは非常口と前方席のみ>
座席指定料がかかるのは非常口と前方席のみなのですが、前方席は各機種により定められているようです。僕はB737-700に乗ったのですが、「35列~-44列ABCHJK」の席が前方席に当たるとのことでした。

<後方席の指定>
航空券はHIS系のSurpriceで予約したのですが、Surpriceのシステムから後方の座席指定は無料でできました。調べてみると、4月20日から前方後方関わらず、エコノミーの座席指定にお金がかかるようになったとの記事を見たのですが、お金はかかりませんでした。(航空券を予約したのは4月22日)

<非常口席の予約について>
非常口の予約もお金を払えばできるとのことでしたが、中国語ができる人のみ指定可能とのことでした。英語ではだめとのことです。


中国南方航空の日本語HPはダメダメで、知りたい情報が記載されていなかったりしますので、コールセンターに電話するのが良いかと思います。コールセンターも何度か電話しましたが、長く待たされることもなく、電話対応も日本人が行っており、丁寧に対応してくれます。