7年5月、中国南方航空 広州→シェムリアップ(カンボジア)線に搭乗しました。

 

機材はA321-200。席についてレポートします。

s-IMG_4308

小さい飛行機ながらも、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3クラス制です。座席指定についてはこちらをご覧ください。

 

シート配置はSeatGuruをご参照ください。

 

ビジネスクラス

よくあるアジア近距離線機材のビジネスシートです。フルフラットには程遠いですが、23時間程度なら問題ないレベル。
s-IMG_4314
s-IMG_4315

 

プレミアムエコノミーシート

31列目シート(プレエコのバルクヘッド)
SeatGuruには表記されていませんが、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーの間に敷居があります。

 IMG_4316

その後ろのシート

 IMG_4317
s-IMG_5155

エコノミーシート

バルクヘッドシート
足元が広くなく、これなら前の席の下に足を入れることのできる普通シートの方が良いかも。

 s-IMG_5156
s-IMG_4319

 

非常口
安定の非常口。広いです。でも中国語を話せる人しか指定できない、とのこと。

 s-IMG_4322

 

通常エコノミー

LCC並みに狭いです。エンターテイメントのモニターもなくUSBアウトレットもなく。
s-IMG_5171
s-IMG_4329
s-IMG_4330

真ん中の席には、BOXがあり足元が若干狭くなっていますので注意が必要です。
s-IMG_4325

ご参考になれば。