ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

カテゴリ: 空港

17年9月ブルネイ空港を利用しました。
ブルネイ空港に関してあまり情報がないため、共有します。

■到着ホール編
■両替&ATM編
■ツーリストSIM編
■出発ホール編
■セキュリティー内編

ブルネイは「ブルネイドル」という通貨があるのですが、「シンガポールドル」と等価とされており、シンガポールドルも普通に使えます。

僕はクアラルンプールから入ったため、手持ちにシンガポールドルもなかったためクレジットカードキャッシングをすることに。

両替所とATMは、到着ホールからエスカレーターで1階上がった出発ホールにあります。

到着出口をでたら真正面に見えるエスカレーターで上に上がります。
図7

上がったら、真正面に銀行とATMがあります。
s-IMG_8076
日本のVISAカードでキャッシング可能でした。
s-IMG_8077

両替所はATM並びのレーンの端にあります。
s-IMG_8078

ご参考になれば。

17年9月ブルネイ空港を利用しました。
ブルネイ空港に関してあまり情報がないため、共有します。

■到着ホール編
■両替&ATM編
■ツーリストSIM編
■出発ホール編
■セキュリティー内編

ブルネイ空港は、ブルネイ唯一の空港なのですが、本数も少なく、また空港自体もそこまで大きくありません。また、国内線がなく国際線しか就航していない変わった空港です。
見取り図(上から見た図)はこんな感じ。
図4

到着口は1つしかないため、旅行者はここから必ず出てきます。
図5
到着ホールの全景。
KFCやバーガーキング、なぜかRoyceのショップがあります。
s-IMG_8082

到着出口からみた風景。
s-IMG_7567
外に出る出口も一つです。
図6

外に出ると、タクシーサービスカウンターがあります。
s-IMG_8103
タクシー料金表。メーター制のようです。
IMG_8104

到着ホールから出てすぐにタクシー乗り場
s-IMG_7572

出て右手すぐにモスク
s-IMG_8095

出て左手、出発ホールの方に歩くとバス停があります。
s-IMG_8106
バスを待っている人に、何分おきにバスあるの?ときいたら、正確なことは言えないけど30分おきにはあるかなぁ~って。

時刻表はなかったですが、ルートマップはありました。
市内のバスセンターまでのバスがあるようです。
IMG_8107










17年5月、中国の広州空港で国際線→国際線トランジットをしました。

広州空港の国際線トランジットは、他の空港とは少し違う。

何が違うのか?というと、トランジットの際に手荷物検査がないこと。

出発地の空港のDFSでお酒を買ったり、自販機でペットボトルのお茶を買っても、ノンチェックで次のトランジットするゲートの前に行けちゃいます。

飛行機から降りて
s-IMG_4264

案内板のTransferの指示に従い進みます。
s-IMG_4266

進んでいるとTransfer to International という案内が出てくるので、それに従って進みます。
s-IMG_4267

s-IMG_4268

途中でチケットのチェックポイントはあるものの、手荷物検査はなし。
その後も案内に沿って進んでいると、、、

s-IMG_4269

左手に両替所、右手に中国南方航空のラウンジがある場所に出ます。

s-IMG_4271

乗り継ぎが楽な空港はいいですね。

17年3月、中国ハルビンに行ってきました。空港⇔市内のアクセスについてのレポートです。

国際線ターミナルにいた英語が話せる中国人の方に尋ねてみたのですが、市内へのリムジンバスは国内線ターミナルからしか出ていないとのこと。市内にバスで行く場合は、一度無料巡回バスにて国内線ターミナルに移動する必要があるようです。

国際線ターミナルから国内線ターミナルの移動についてはこちらをご確認ください。

国際線ターミナルからの無料巡回バスは、国内線ターミナル5番出口の近くに止まります。
s-IMG_3892

■空港→市内への移動
写真に写っている3番出口をさらに左手に行くと1番出口があります。そこに大きく「Shuttle Bus Ticket Office」と書いてある看板が見えてきます。バスチケット発券所は建物の中にあります。
s-IMG_3867
発券所。
s-IMG_3871
ここで行きたい場所を伝えます。中国がしゃべれなくても、紙に行きたい場所を書いて渡すと、何番のバスに乗れ、と英語で教えてくれます。バスは市内まで20元。

外にバス乗り場があります。
s-IMG_3869
s-IMG_3865
バスのトランクに荷物を預けるときは、このチェーンをトランクの取っ手などに通し鍵をかけます。
s-IMG_3864
社内は中国語のみのアナウンスの為、あらかじめバスの運転手に降りる場所を伝えておくことと、降りる場所を紙に書いて置き、バスが止まる度に、近くに座っている人に紙をみせて「ここか?」とジェスチャーで聞いてみるのが確実です。

■市内→空港への移動

バス停は、大体おりた場所の通り挟んだ対面にあるようです。 バス停にはこんな看板が立っています。
IMG_3601
空港へのバス。
IMG_3599
何分おきにあるのかは、まったくわからず。。。時刻表があるのかどうかもわからず。。。余裕をもって移動をすることをお勧めします。

とあるバス停にとまったときに、外で待っていたバス従業員が乗り込んできて、バスチケットを発券します。
IMG_3859

到着は、国内線ターミナルの5番出口付近。(バス乗り場とほぼ同じ場所)
s-IMG_3865

ご参考になれば。

17年3月、中国のハルビン太平国際空港を使いました。
あまり情報がないので、共有します。

国際線ターミナルの情報はこちら

≪国内線ターミナル≫
国際線ターミナルと比べて、ずいぶん大きなターミナルで近代的です。
s-IMG_3881

s-IMG_3594
ちょっと見にくいですが、ターミナルはこんな感じです。
s-IMG_3873

■到着ロビー
s-IMG_3874
s-IMG_3876
結構な便数の離発着があるようです。
s-IMG_3875

■出発ロビー

s-IMG_3888
s-IMG_3886

ATMは出発ロビーの出入り口扉付近にありました。
s-IMG_3885

中国の空港、特に国内線ターミナルの場合、到着ロビーにはATMはなく、出発ロビーにATMが設置されている場合が多いです。到着ロビーに見つからない場合は、ぜひ出発ロビーを探してみてください。



このページのトップヘ