ケチのケチによるケチな旅行

旅行するからには損はしたくない!いかに損をせずに旅行を楽しめるか?自身が実践していることを紹介いたします。

カテゴリ: キャセイパシフィック航空

引き続き、香港空港 キャセイのザ・ウィング内にある
ファーストクラスラウンジのレポート。

The HAVENでおなか一杯になったので、
続いてお風呂に入ろうと。

お風呂といえば、The CABANA。
諸先輩方のblogを見て、いつか入ってみたかったお風呂です(笑

僕の次のフライトは、香港を1:00amに出発する便。
ラウンジにそんなに人は多くなく、並ばなくても入れるだろうと思って
いたら、、、、

なんとThe CABANAは4人待ちとのこと。
どのくらい待つのか聞いたのですが、大体2時間くらいかなと。。。
2時間後だと、飛行機でちゃってるよ、、、

とのことで、ファーストクラスラウンジ内にある普通のシャワールームを借りました。
conv0019
conv0020
conv0021
conv0022

水圧、水温問題なし。
歯ブラシ、クシ、シャワーキャップ、などなどはすべてそろっており、
お風呂には入れませんでしたが、快適にシャワーを浴びれました。

何が何でもThe CABANAに入りたい人は、
ラウンジに入ったときは真っ先に予約をお勧めします、何時の便であっても。



 

ザ・キャビンに続いて、ザ・ウィングのファーストクラスラウンジに潜入
しました。

入口は、Gate3の前にあるザ・ウィングから。
conv0017
ファーストクラスラウンジは2Fにあり、上がった右手が
ファーストクラスラウンジです。

まず利用したのは、レストランのThe HAVEN。
conv0016

受付の人がおり、席を案内されます。
図15
conv0003

座るや否や、飲み物を聞かれます。
メインメニュー表も渡され、その中から好きなものをオーダー。
conv0018
メインが出てくるまでは、前菜などをとりに行きます。
conv0005
conv0004
conv0006
conv0007
肉、魚、寿司、野菜、フルーツ、ケーキ、チョコ、アイスなんでもあります。
conv0008
メインディッシュも到着。
conv0010
conv0009

美味しい!のですが、すんごく美味しいか?世界一美味しいか?
と言われれば、まぁ美味しい、との程度。
でも、無料でいただけるので文句はありません!!!

続いて、シャワールームを報告します。

 

プーケットから香港空港に到着。

これまで入ったことのなかったザ・キャビンラウンジ(The Cabin)に
潜入してみました。
キャセイのHPによると、『ザ・キャビンは、「ザ・ピア」「ザ・ウィング」に
続くキャセイパシフィック航空の新しい出発ラウンジ」とのことで最後発の
ラウンジとのこと。

Gate23の前あたりに、ザ・キャビンに繋がる、降りる階段があります。 
cebu0027
他のキャセイのラウンジと比べて、落ち着いた雰囲気。
また、人も少ないような気がします。

食事、飲み物は一通りそろっており、一番奥にはヌードルバーが。
また、写真にも映っていますが、バーカウンターがあります。
cebu0023
cebu0024
cebu0025
cebu0026

人の行き来も少なく、静かに過ごしたい人にはうってつけかもしれません。

 

2015年5月、ちょっこら香港経由でプーケットへ。
成田→香港はキャセイパシフィック航空B777-300(B-HNG)。
シート配列は773Zのタイプ。

シートは、リクライニングした際後ろに倒れるのではなく、
座面が前にせり出すタイプ。
後ろ倒す時になかなか、倒していいですか?と聞けず
倒せないひとなので、個人的には好きなシートです。
図10


席にはUSBポートはなく、テーブルを出したところに電源があります。
なので、離着陸時はスマホの充電等はできません。
IMG_6201
IMG_6202

 機内食は1回。
HKT (114)
可もなく不可もなくです。

この機材は、飛行機前方カメラの様子がモニターで見れるため、
離着陸時は、パイロット気分が味わえます。
HKT (118)

オンタイムで香港に到着です。
 

長い長いフライトを経て、香港に到着。

The Bridgeに潜入しました。
 
まずはシャワーを浴びます。
毎度思うのですが、綺麗ですよねキャセイラウンジのシャワールームは。
水圧、温度ともにパーフェクトです。
conv0006
 conv0007

で、機内食がおいしくなく、殆ど残したもので、おなかペコペコの為、腹ごしらえに。
品揃え、味共に完璧です!!この写真以外にもう2皿平らげました。
conv0008
conv0009


このページのトップヘ